医療法人防治会 いずみの病院

  • 文字サイズ: 標準 拡大
  • 背景色:

診療科・部門

総合内科

患者さまのさまざまなニーズにお応えできるよう、臓器別ではない、 患者さまの状態に応じた全人的な総合診療を目標にしています。

診療変更

  • 5/27(月)午前休診:内科医 代診:なし
  • 5/28(火)午前休診:内科医 代診:なし

外来診察担当表

 
午前 内科医
吉井
夕部
内科医
西岡
西岡
小川
夕部
吉井
西岡
吉井
西岡
田村(5/11)※2
坪井(5/18)※2
弘瀬(5/25)※2
午後 池田
田村
夕部※1
吉井
田村
吉井
小川
田村
内科医
小川
田村
夕部
内科医
佐藤

※1 緩和ケア外来・予約診療
※2 当番医

医師紹介

夕部富三

名誉院長
緩和ケア外来担当医

夕部 富三

(ゆうべ とみぞう)

資格

認定産業医/身体障害者指定医/高知大学医学部臨床教授

全人的な総合内科を心がけています

主な診療分野は内科一般、総合診療、老年医学、消化器とくに内視鏡診断治療、緩和医療です。 上記疾患分野以外でも、どの科で診てもらえばよいかわからないような疾病や病態の方も どうぞ気軽に受診してください。診た上で他の医師や診療科がふさわしいと診断したときは 適切に紹介します。どんなことでもお困りの方はお気軽にご相談ください。 高齢者はたくさんの病気をお持ちです。総合的に治療ケアを心がけています。 ガンで緩和治療の必要な方もお気軽にご相談ください。

副院長
糖尿病外来・禁煙外来担当

吉井 和也

(よしい かずや)

資格

身体障害者指定医/日本臨床栄養代謝学会TNT認定医/高知大学医学部臨床教授

患者さんが抱える健康問題すべてに応ずる

診療には、特定の臓器や高度な専門家の知識が要求される場合と、 さまざまな健康問題に広く関わる必要がある場合の2通りがあります。 私の診療は、後者の総合診療です。
患者さんの心理・社会的側面を考慮し主体性を大切にする、 患者さんの抱える健康問題すべてに応ずる、 根拠に基づいた医療の実践などを心がけています。 内科系の症状にお困りで受診する科がはっきりしない方、他医で異常ないと言われたが症状が続いている方、 健康問題で相談されたい方などの診療を行います。
外来で担当している専門外来は、糖尿病、禁煙、睡眠時無呼吸症候群などです。

内科部長・診療部長

資格

日本内科学会総合内科医専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/認定産業医/身体障害者指定医

幅広い疾患に対応できるよう、皆様のお役に立てるように

他県の出身ですが、高知に来てもうずいぶんと長くなりました。初めて高知に来たときは、その広さと自然の豊かさと美しい海に感動したことを覚えています。そして食べ物もおいしい!大学卒業後は、主に出身県と高知県内の医療機関で勤務をしてきました。病院では、内科全般を診させていただきますが、今後も幅広い疾患に対応できるように勉強していきたいと思っています。皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

健康管理センター所長

有澤 豊武

(ありさわ とよたけ)

資格

日本人間ドック学会認定医/医学博士/身体障害者指定医

早期発見・早期治療・健康増進

検査項目については概ねどの健診機関も同じですが、当センターの特徴として 上部消化器の検査は主に内視鏡を用いて行っています。内視鏡検査はバリウム検査に比べ診断精度は高く、 胃癌の早期発見やピロリ菌の除菌についてはとても有利です。 なお、オプション検査としてマンモグラフィ・骨密度・動脈硬化・頭部MRI検査等の追加検査も可能ですので ご利用ください。病気の早期発見・早期治療のため年一回の健診をお勧めします。

西岡真理子

糖尿病外来担当医

西岡 真理子

(にしおか まりこ)

資格

日本内科学会総合内科専門医/日本糖尿病学会員

糖尿病の合併症予防のため生活習慣の改善を手助けしたい

主に糖尿病を担当しています。遺伝的素因と生活習慣が大きく影響し、 年々増加しています。高血糖状態により、他の病気(合併症)を引き起こす疾患と言われており、 さらに高齢化などで増加する認知症、悪性腫瘍、心不全などの併存症も増やすことから 早期から血糖をより良くコントロールして健康寿命をのばすことが目標となります。 できる限りていねいな診察を心がけ、他科の医師や看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士など 他の医療スタッフと連携し、より良い治療ができたらと考えています。よろしくお願いいたします。

回復期リハビリ病棟担当

筒井 章夫

(つつい あきお)

資格

認定産業医/身体障害者指定医/高知大学医学部臨床教授

病気やけがをされた方が在宅復帰をめざす回復期リハビリ病棟専従医

主に一般内科を担当し、6階回復期リハビリ病棟の専従医として働いています。
病院以外では、診療所(山間部・海岸部・市街地)・在宅診療、障害のある方の医療・福祉などに携わってきました。
回復期リハビリ病棟は、脳卒中や大腿骨頚部骨折などの病気やけがをされた方が在宅復帰をめざす病棟です。 他科の医師とともに診療にあたり、住み慣れた地域で暮らすことをめざしています。

小川 貴司

(おがわ たかし)

資格

プライマリケア認定医/日本DMAT/身体障害者指定医/インフェンクションコントロールドクター/日本医師会認定産業医

具合が悪い、何かがおかしい・・・。

でも、病院は嫌い、どこの病院に行けばいいのかわからない、信頼できる医者もいない。 そんな時ほど、心身共に不安だと思います。そういった時こそ、お気軽にご相談ください。
地域の方が気軽に相談できる「かかりつけ医」として、予防医学をはじめ、 病気の初期診断・治療、慢性期の管理まで、より身近な存在として 一般内科の診療を行っていきたいと考えております。

田村 太朗

(たむら たろう)

資格

社会医学系指導医/日本医師会認定産業医/日本内科学会認定内科医

様々な視点をもって皆さんの健康をみていきたい

大阪、島根、福井と転々としながら、今回縁があり高知にやってきました。はじめての太平洋側での生活になります。以前は、呼吸器疾患、特に職業性の呼吸器疾患(じん肺・石綿肺)を中心にして、それを生かした一般内科の外来をしております。前任地では、公衆衛生・環境保健医学に携わっており、新型コロナウイルス感染症(COVID19)発生の前後では保健所に勤務し、行政の立場から感染対策に携わったこともあります。臨床とは異なる視点も踏まえて、様々な相談に対応できたらと思っています。