トップ > 診療案内 > 放射線科

放射線科

日本医学放射線学会専門医の確かな読影力と診断力で、皆さんに信頼される医療の提供をめざします。

当院導入の3.0テスラMRI機器。
2013年1月より稼働し、診断に活用しています。

3.0テスラMRI導入

当院の画像はすべてデジタル画像で、CTは64列のMDCT1台と、MRは3.0テスラ・1.5テスラの装置を導入。 撮影された画像はすべてネットワークで診察室等のコンピュータ画面で観察し、患者さまにご説明可能です。 画像はサーバーに記録され、いつでも過去の画像を見ることができます。

医師

西本 均   Nishimoto Hitoshi

放射線科部長
日本医学放射線学会専門医 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医 医学博士

的確な診断で信頼にこたえたい

放射線科は「画像診断」「放射線治療」「核医学」の3つの部門に分かれ、 当院では画像診断を行っています。 画像診断とは、X線や磁気などを用いた撮影装置で血管や臓器など体内の形態を画像化し診断すること。 各診療科の医師が依頼して放射線技師が撮影した画像を、放射線科医が確認し結果を依頼医に報告します。 適切な治療には的確な診断が大前提。見落としや見誤りは許されません。
放射線科医が患者さんと直接お会いすることはありません。 しかし、だからこそ、患者さんの不安に向き合うように画像1枚1枚真剣に拝見しています。 信頼される医療提供の一翼を担う責任と自負をもって取り組んでまいります。